メニュー

【多焦点眼内レンズ】による白内障手術

当院は白内障手術において、厚生労働省先進医療認定施設のため、先進医療、最新設備で白内障日帰り手術が可能です。

当院では、多焦点眼内レンズ(遠近両用レンズ)を用いた白内障手術を行っています。
白内障の手術時に挿入するレンズの種類を変えるだけですので、通常の白内障手術と比べても安全度合いに差はありません。白内障の治療と老眼回復が同時に出来ることが特徴です。

単焦点と多焦点の見え方の違い

enkin01

通常の保険適用のレンズ(単焦点眼内レンズ)はピントが合う距離が1点なので、遠く、中間、近くのいずれかを選択します。画像は遠くに合わせたイメージ図ですので、近くを見る際には老眼鏡が必要となります。

対して多焦点眼内レンズはピントが合う距離が複数あることから、眼鏡に依存する頻度を減らすことができるため、眼鏡のかけはずしの煩わしさを解消することが可能です。ただし、多焦点眼内レンズは若い頃の見え方のように、眼鏡なしですべての距離にハッキリとピントを合わせられるわけではありません。単焦点でピントを合わせた距離の見え方と比較すると、1点の見え方の質はやや低下します。そのため、必要に応じては眼鏡を併用すると快適な場合もあります。

遠くも近くも見える仕組み

lenz多焦点眼内レンズは、遠くが見えるレンズと近くが見えるレンズが交互になっています(メーカーの仕様によって構造に差異があります)。

脳の働きによって、遠くのものを見るときは遠くが見えるレンズを、近くのものを見るときは近くが見えるレンズを使ってものを見るようになります。(そのため術後は脳が慣れるまで多少の時間が必要になります)

参考リンク : 多焦点眼内レンズ選択時の注意点|日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)

 

多焦点眼内レンズの種類と費用

多焦点眼内レンズには二焦点レンズと三焦点レンズがあります。

二焦点レンズは遠近の両方にピントが合います。近くのピントは作業距離に合わせて挿入します。先進医療特約の対象になります。
費用は、片眼40万円、両眼80万円です。(カード払い可)
上記は自費の場合です。先進医療特約対象となるため、加入されている方は自己負担額が変わります。

三焦点レンズは、遠・中・近の3つにピントが合うレンズです。
三焦点レンズや完全オーダーメイドのレンズ(LENTIS)は自由診療のため、全額自費診療となります。
費用は片眼60万円(税別)、両眼120万円(税別)です。(カード払い可)
※手術を決めた時から、術後3ヶ月までの診察、投薬代を含みます。

先進医療対応 多焦点眼内レンズ(二焦点レンズ)

多焦点レンズのメリットは眼鏡に依存しない生活ができることですが、単焦点と比較すると遠近それぞれの見え方のスッキリ感が少し弱いことや、眩しさを感じやすいことがあります。
当院では、それぞれのレンズの強みを活かし、事前にライフスタイルを詳しくお伺いさせて頂くことで、お一人おひとりのライフスタイルに合わせ左右のレンズの種類を選定します。

ZMB00 / ZLB00 / ZKB00(AMO社)

enkin02

着色されていない透明な回折型多焦点眼内レンズで、遠方と近方にピントが合うように設計されています。近方のピントは30cm、40cm、50cmに合う3種類があり、ライフスタイルによって使用するレンズを選択します。非球面構造になっていることで、よりシャープな見え方が期待できます。また、アクリル素材で長期間の透明度が保たれる仕様になっています。
ポイント:ライフスタイルに合わせて3種類から選べる

ZMB00

ZMB00

IQ ReSTORE /IQ ReSTORE TORIC(Alcon社)

enkin04

照明の状況に応じて近くと遠くの焦点に適切な光量を配分する技術が採用されています。
クリアーな見え方を向上させ、夜間の光のにじみ等の視覚障害が少ないように改良を行い設計されました。
また、照明条件や人間の日常の活動に基づいてエネルギーを割り当てる9段階の度数差から形成されており、遠近ともに高品質の視力を提供します。
ポイント:遠くから近くまで高品質な見え方
こんな方にお勧め⇒日常生活でなるべく眼鏡に依存したくない方。

SN6AD

SN6AD

 

TECNIS Symfony(AMO社)

enkin06

シンフォニーは遠方から中間まで幅広くピントが合う新しい多焦点眼内レンズです。
従来のレンズでは遠方と近方の2点にしかピントが合わないため、中間距離で視力の落ち込みがありました。このレンズはピントの合う範囲を広げ、遠方から中間まで視力の落ち込みがなく、自然な見え方を得ることができます。
また、眼全体の色収差を補正するテクノロジーを搭載しているため、コントラスト感度が向上し、見え方の質もいいレンズです。
ポイント:遠中的なレンズ、近くはある程度の見え方でスッキリ感重視
こんな方にお勧め⇒アウトドアやドライブが好きな方。もともと遠視の方。

ZXR00V

ZXR00V

IQ ACTIVE FOCUS /IQ ACTIVE FOCUS TORIC(Alcon社)

enkin08

老視矯正眼内レンズの弱点を解消した新しいコンセプトの眼内レンズです。
中心領域が遠方に光を100%配分する構造と、瞳孔径に応じて光を最適配分するデザインの組み合わせにより、光の眩しさや滲み具合いをより少ないレベルに抑え、単焦点眼内レンズに匹敵する良好なコントラスト感度を提供します。
手元の度数はやや弱めに設計し、遠方に多くの光が配分される構造により、遠方から中間の見え方が強化されたレンズです。
ポイント:遠~中間部が自然な視界を追及
こんな方にお勧め⇒夜間のドライブ、ゴルフやテニスなどのスポーツを楽しみたい方。

SV250T

SV250T

自由診療 多焦点眼内レンズ

FineVision(ファインヴィジョン) /FineVisionToric(Physiol社)

enkin10

ファインビジョン(FINE VISION)は、遠くと近くと中間距離の3点に焦点がう通称【三焦点眼内レンズ】です。
眼内レンズ発祥の地、ヨーロッパの眼内レンズメーカー「Physiol」社から、従来の二焦点眼内レンズの問題点であったコントラストの低下を実用上解消するレンズとして開発されました。
二焦点との違いは、遠方から中間距離(約65cm~70cm)、手元(約35cm~約40cm)の視力の出やすさがポイントとなっており、近く~中間、中間~遠方までのスムーズさがメリットとなっています。
脳の働きによる遠近使い分けだけでなく、明るさとそれに伴う瞳孔径(明るいと瞳孔が小さくなる)によって遠中近のピントの合い方を考慮しているので、良好な視力と同時に多焦点レンズの課題であるハロー・グレア(眩しさや光の滲み)が少ないのもポイントです。

ポイント
・遠、中、近とピントの合う範囲が広い
・ブルーライト、紫外線カットの着色レンズ
・コントラストが高い
・ハロー・グレア(眩しさや光の滲み)が少ない

 

 

FineVision

FineVision

LENTIS MplusX(レンティスエムプラスエックス) /LENTIS MplusX Toric(Oculentis社)

 enkin04

LENTIS MplusXは、ドイツのオキュレンティス社で開発された、完全オーダーメイドの多焦点眼内レンズです。他のレンズでは作れない強度の近視や乱視にも対応可能です。また、他のレンズの50倍以上の細かい精度で作製するため、世界最高性能のプレミアムな多焦点眼内レンズとして世界的に高い評価を得ています。

関連リンク:多焦点眼内レンズ"LENTIS MplusX"の実力

ポイント
・他のどのレンズよりも細かくオーダーメイド
・ブルーライト、紫外線カットの着色レンズ
・構造上、他の多焦点レンズよりもコントラストが高い
・ハロー・グレア(眩しさや光の滲み)が少ない

多焦点眼内レンズ,レンティスMplusX

LENTIS MplusX

よくある質問

通常の白内障手術と何が違うのですか?

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術と通常の白内障手術は、挿入するレンズが違うだけです。術式は自体は同じです。

手術すればよく見えるようになりますか?

手術前より視力が良くなるケースが多いですが、個人差や手術後の眼の状態(他の疾患など)により変化することがあります。

術中の痛みはありますか?

麻酔は点眼麻酔、テノン嚢麻酔でおこないます。点眼麻酔で痛みを抑えた後、注射での麻酔をおこないます。術中の痛みは、ほぼありません。

手術はどのくらいで終わりますか?

手術全体の時間は15分前後のことが多いのですが、人によって多少の時間差はあります。早さより安全におこなうことが大切です。

手術後の入浴は可能ですか?

手術当日の入浴は控えていただいています。翌日からは目に水が入らないよう気をつければ入浴していただけます。お顔を洗うのは手術の傷がしっかり塞がる1週間を目処にしていだいています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME