メニュー

外眼部の手術

当院では下記のような外眼部(眼球の外側、上まぶたやまつげなど)の手術も行っております。

 眼瞼下垂

上まぶたが垂れ下がった状態を言います。

多くは加齢によるものですが、近年はコンタクトレンズの長期装用による眼瞼下垂もあります。

皮膚を切開してまぶたを引き上げる手術を行います。

保険適用ですので、ご相談下さい。

 

翼状片

紫外線の影響など、何らかの原因で結膜化組織の異常増殖が生じ、結膜(白目)の皮が角膜(黒目)にまで伸びてきた状態です。

初期の段階では、充血やゴロゴロ感の原因となります。

そのまま増殖していくと角膜が変形して乱視が生じたり、さらに大きくなると瞳孔に及んで見えづらくなります。

外見上の問題を感じる方も多いため、手術で取り除き、再発しないための処置を行います。

 

霰粒腫

まぶたにできるやや硬いしこりです。

炎症が起きていなければそれほど痛みは感じませんが、急性炎症を起こすと痛くなります。

通常、まばたきの度に違和感があるだけの場合ですと炎症止めの点眼や軟膏で落ち着きます。

しかし、点眼や軟膏では根本的に治っているわけではないので、疲れやストレスが溜まると大きくなるケースがあります。

再発しないようにするのであれば、摘出が必要となります。

 二重まぶたのラインや、しわのラインに沿って切開しますので、傷跡はしばらく経つとわからなくなります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME