メニュー

ICL 【眼内コンタクトレンズ】費用と特徴

ICL ( 眼内コンタクトレンズ )とは

EVO+Visian ICLICL(眼内コンタクトレンズ)は、LASIKと異なり角膜を削らず小さな切開からレンズを挿入することで視力を矯正します。
ICLや眼内コンタクトレンズという呼び方以外にも、有水晶体眼内レンズ、フェイキックIOL、永久コンタクトレンズなどの呼ばれ方があります。

専門医師が手術を伴い、レンズを折りたたんで虹彩と水晶体との間に挿入し固定します。角膜を削らないため、レンズは必要があれば医師によって取り出すことも可能です。

ICLの特徴

負担の少ない矯正手術

ICLは小さな切開から挿入を行えます。 
角膜形状をほとんど変化させずに視力矯正を行いますので、身体への負担を少なくする事ができます。 日帰りで両眼同日の治療が可能です。

色鮮やかな見え方

ICLは角膜を削ることなく眼内のレンズで近視を矯正するため、コントラスト感度の低下がないため、色鮮やかな見え方を実感できます。

ICLとLASIKのコントラストイメージ

※画像はシュミレーションです。

手入れ不要の眼内コンタクトレンズ

眼内に入れたICLレンズは洗浄などのメンテナンスは不要です。眼の中で汚れることや、ゴロつくこともありません。

ドライアイスリスクの軽減

ICLは角膜を削る屈折矯正と比較して切開創が小さいため、ドライアイの原因にはなりません。ドライアイの原因のひとつは、角膜の表面にある三叉神経を傷つけることです。
※もともとドライアイの方の症状が改善することはありません。

近視の戻りが無い

LASIKの課題として、強度近視の方は近視がある程度戻ってしまう現象がありました。
ICLは角膜を削らない為、強度近視の方でも再び近視になるようなことはありません。

広い適応範囲

強い近視の方も受けることが可能です。 
角膜が薄くてレーシックが受けられなかった方も受けることが可能です。

長期安定性

1997年から欧州で開始し、世界70ヵ国以上で2019年現在、100万眼以上に埋植されている長期実績があります。

紫外線ブロック

レンズに紫外線吸収剤が含まれているため、紫外線A波・B波をブロックできます。(サングラスの代わりにはなりません)

取り出すことが出来る可逆性

必要に応じ、レンズは医師によって取り出すことができます。
度数が進行したり新しい矯正方法が登場した場合には取り外してレンズを交換したり新しい治療法を導入することも可能です。

関連リンク:眼内コンタクトレンズ (ICL) 【公式】|角膜を削らない矯正方法

ゆかり眼科ブログ:ICL【眼内コンタクトレンズ】ユーザーが増えている理由4つ

ICLの費用

ICLは自由診療です。
当院では両眼70万円(税別)で行っています。乱視の場合も同額です。
(クレジットカード(VISA、JCB)での分割払いも可能)
※料金には、術前検査、手術代、レンズ代、3ヶ月後までの術後診察代、目薬代が含まれています。

参考までに、1dayコンタクトレンズの片眼1ヶ月が約3千円として、両眼で6千円。1年間7万2千円と考えると、10年で約72万円。

ICL治療は一度受けることで手入れは不要のため、費用は手術時の1回で済みます。

長期的費用と手入れ不要が人気のポイントでもあります。

手術までの流れ

①適応検査

ICL治療にあたり、適応基準を満たしているかを確認し、最適なレンズを決定するための検査・診察を行います。
主な検査項目:眼圧、屈折度数、視力、眼位、前房深度、角膜形状解析、角膜内皮細胞、眼底    (所要時間目安:約30分)

②術前検査・カウンセリング

適応が確認できた場合には、後日に改めて術前検査を行います。
前回の検査の再現性を確認し、より信頼性の高いデータでICLの度数選定を可能にします。
また、どのくらい遠くを見えるようにしたいか等、詳しくカウンセリングします。
瞳孔を広げる点眼を使用することでピント合わせの機能を一時的に麻痺させ、測定度数が強すぎないか確認をします。
主な検査項目:眼圧、屈折度数、視力、眼軸測定     (所要時間目安:約1時間)

③手術説明

手術当日に向け、手術の方法や、術後の過ごし方の注意点など、詳しくご説明します。(所要時間目安:約30分)

③手術

当日は実際の手術の1時間前にご来院頂き、瞳孔を広げる点眼と麻酔の点眼をして準備します。

ICLの手術方法解説図

手術自体は片眼約10~15分で終了します。

④術後検査・確認

治療を受けた目の視力は手術の傷口の回復に伴い48時間程度で急速に回復します。
術後一週間程度は目をこすったりしないようにご注意下さい。

よくあるご質問

どのようなリスクがありますか?

あらゆる手術同様、視力矯正手術には合併症の可能性があります。
ICLの場合に考えられるものとして、稀ではありますが以下のようなものがあります。

①一時的な眼圧の上昇
眼圧が上昇した場合、投薬にて眼圧を下げるなど必要に応じた治療を行います。

②角膜内皮細胞障害
スペキュラーマイクロスコープという機械で術後検診時に確認します。
重度の角膜障害になる前にレンズを抜去することにより元の状態に戻すことができます。

③度数ずれ
手術前の検査での屈折度数と予測値とのずれが大きい場合には、レンズの入れ替えを行うことがあります。

他の人から見てレンズが入っているとわかりますか?

ICLは虹彩と水晶体の間に固定されるので、他人からも自分自身もレンズは見えません。
また、レンズをインプラントした後も虹彩の瞳孔機能は維持されます。

レンズは目の中でズレたり、割れたりしませんか?

ICLのレンズは虹彩の裏側にある毛様溝という部分にレンズ両端の突起を入れて固定します。
よほどの強い衝撃でない限りズレることはまずありません。
またとても柔らかい素材なので、目の中で割れることもありません。

異物感はありますか?

角膜上に乗せるコンタクトレンズと違い、レンズを眼内に挿入するので異物感はありません。ゴロゴロした感じや目の乾きを感じないので、手術後は快適に過ごせます。

手術は痛いですか?

手術前に目薬タイプの点眼麻酔を行います。そのため痛みはほとんどありません。

老眼も治りますか?

ICLの矯正は近視や乱視の屈折矯正を行いますが、老眼の治療ではありません。
老眼により手元が見にくい場合には近用眼鏡(老眼鏡)等をご使用下さい。

ゆかり眼科ブログ: ICLは老眼に注意!?【ICL VS 多焦点眼内レンズ】

手術の費用は公的医療保険の対象となりますか?

自由診療のため、公的医療保険の対象となりません。

手術には適正検査が必要となります。適正検査のご予約はお電話下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME