メニュー

医療機器のご案内

hanf視野(見える範囲を)を調べ、緑内障や視神経疾患の早期発見と進行を診察するための装置です。

 


 

oct目にダメージを与えることなく、眼底(網膜)の断層を映像化。加齢黄斑変性症、糖尿病黄斑浮腫、黄斑前膜など黄斑(眼底のほぼ中央にあり視力に直結する部分)の障害に関係する病気の診断・治療に役立ちます。また、緑内障の診断・治療にも力を発揮します。

 


 

iol非接触技術により、痛みを感じることなく正確に眼軸長の測定が可能。測定だけでなく、測定結果から適切な眼内レンズ値を迅速に計算できます。

 


 

laser糖尿病網膜症・網膜剥離といって網膜の疾患の治療、その他、緑内障の発作の予防にも用いることがあります。

 


 

infinity写真左は手術顕微鏡です。解像度が鮮明で手術中の眼の状態をより正確に把握することができます。写真右は最新の白内障手術機械です。現在、最も安全で目に負担が少なく手術できる機械です。

 


 

auto近視・遠視・乱視の強さを測る機械です。さらに角膜の形状を見ることができます。

 


 

ganatsu眼圧を計測する機械です。

 


 

spe超音波画像診断装置(写真左)
まぶたの上に超音波発生端子を乗せるだけで、痛みなく検査できます。

スペキュラーマイクロスコープ(写真右)
角膜内皮細胞の状態を測定します。白内障の手術前後に用います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME