トップページ > 緑内障の診断・治療

緑内障の診断・治療

緑内障とは

緑内障は視神経が障害を受け、視野が徐々に狭くなってしまう病気です。自覚症状が現れにくい病気でもあり、気づいた時には、もう手遅れということもあります。早めに診断を受けることが重要な病気です。

緑内障の原因

緑内障の明らかな原因はまだ解明されていませんが、眼圧の上昇が原因の一つと言われています。

緑内障の種類

緑内障にはいくつかの種類がありますが、眼圧が高くなる原因によって主に原発緑内障、先天性緑内障、続発緑内障に分けられます。原発緑内障や続発緑内障はさらに開放隅角(かいほう ぐうかく)、閉塞隅角(へいそく ぐうかく)に分けられます。

緑内障の治療について

OCT眼圧をコントロールすることで、進行を抑えられることがわかっていますので、まずは点眼剤による治療をおこないます。

また、当院では、最新医療機器OCTによる緑内障の検査・診断が可能です。

緑内障は自覚症状が現れにくい病気です。また、一度失った視野を取り戻すことができない病気ですので、40歳を超えたら、眼圧・眼底・視野検査などを定期的に是非ともお受けください。

1.緑内障の治療・薬物療法

薬物療法は、房水の産生を抑える薬や、房水の流出を促す薬を点眼して眼圧を下げます。緑内障のタイプ、眼圧、他の病気の有無などに応じて、まず一種類の点眼薬を処方し、様子をみながら途中で変更したり、複数の点眼薬を組み合わせて処方したりしますが、点眼薬だけでは効果が不十分な場合、内服薬を併用することもあります。

急性緑内障の場合や、薬物療法では眼圧コントロールが不十分な場合は、レーザー治療や手術を行います。

2.緑内障の治療・レーザー治療

レーザー治療には主に二つの方法があります。一つ目の方法は、レーザーを使って虹彩に穴を開けて、眼の中の房水の流れを変えるというものです。これは、閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかくりょくないしょう)の治療に用いられます。二つ目の方法は、レーザーを線維柱体にあてることで房水の排出を促進するというものです。これは、開放隅角緑内障の治療に用いられます。レーザー治療は比較的安全で、痛みは極軽度であり、入院する必要もありません。もう一つは、線維柱帯に照射することで房水の排出を促進するためのレーザー治療です。一部の開放隅角緑内障(かいほうぐうかくりょくないしょう)に効果があります。レーザー治療の痛みは極軽度で外来で行うことができます。

3.緑内障の治療・手術

手術は薬物療法やレーザー治療で効果が得られなかった場合に行われる治療です。

線維柱体を切開して房水を流れやすくする方法や、毛様体での房水の産生を抑える方法などがあります。これは、体への負担が少なく、高齢の方でも受けることができます。

眼圧とは?

眼球に加わっている圧力のことです。これの上昇が緑内障を引き起こすといわれています。

房水とは?

血液の代わりに栄養などを運ぶ、眼の中の液体のことです。毛様体で作られた房水と、シュレム管から排出される房水のバランスが一定に保たれることで、適切な眼圧が保たれます。

緑内障の自覚症状は?

最も多い緑内障では、少しずつ見える範囲が狭くなっていくため、目に異常を感じることはありません。急性の緑内障では、急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛、吐き気などの激しい症状が起こります。自覚症状がないことが多い緑内障に対して重要なことは、早期発見、早期治療です。定期的に眼科健診を受けることをお勧めします。

レーザー繊維柱体手術(ALT)とは?

これはレーザーを照射することで、房水の通りをよくする方法です。この治療方法には、効果の持続が短いことと、何度も施行すると線維柱体の組織が破壊されて、合併症を引き起こすという欠点があります。この治療は、開放隅角緑内障(かいほうぐうかくりょくないしょう)の治療として行われます。

レーザー隅角形成術(ぐうかくけいせいじゅつ)とは?

これは、房水の通り道を塞いでいる虹彩にレーザーを照射して隅角(ぐうかく)を広げ、緑内障を改善する方法です。

緑内障の手術時間はどのくらいですか?

手術の種類によりますが、10分~90分程度の時間がかかります。

眼圧の正常値は?

10~20mmHgが眼圧の正常範囲です。

緑内障は治らないのですか?

一度障害を受けた視神経をもとに戻す方法はないため、完治させることはできません。

したがって、緑内障の治療は病気の進行を食い止めるために、眼圧を下げることが基本となります。

身内に緑内障患者がいます。眼の健診が必要でしょうか?

緑内障は遺伝することがあり、身内に緑内障の方がいる場合、一般の発症率よりも高くなる傾向にあるので、早めの精密検査をおすすめします。

緑内障の検査

1.緑内障の検査・眼底検査

眼の表面に直接測定器具をあてる方法と、眼の面に空気を当てる方法があり眼の中に含まれる水分量によって、眼圧が決まります。この検査は、緑内障管理のための重要な検査です。多くの検査は1~2分程度で終わります。検査の際には、コンタクトレンズは外していただきます。

2.緑内障の検査・隅角検査

専用の医療用コンタクトレンズを眼に押し当てて、隅角(ぐうかく)の状態を観察して診断します。点眼麻酔剤を点眼するので、痛みはありません。

3.緑内障の検査・眼底検査

散瞳の目薬を使い、目の奥を診察します。 視神経の障害の程度を判定するために行う検査です。視神経の眼球の出口(視神経乳頭)には、小さなくぼみがあり、緑内障ではこのくぼみが拡大します。健康診断などでは、よく「視神経乳頭陥凹拡大(ししんけいにゅうとうかんおうかくだい)」と判定されます。眼底検査は少しまぶしいことはありますが、痛みなどはありません。

最近では、光干渉断層計(OCT)などの三次元画像解析装置を用いて視神経乳頭や網膜の神経線維の厚みを測ることにより、緑内障をより適確に診断できることが増えています。

ページ上部に戻る