トップページ > オルソケラトロジーとは

外眼部の手術

オルソケラトロジーとは、オルソケラトロジーレンズという特殊なハードコンタクトレンズを就寝中に装用し、角膜の形を変化させることで、日中を裸眼で過ごすことができるようになる近視矯正法です。

近視が改善する仕組み

レンズ装着前は、角膜に近視や乱視がある場合、光が網膜より手前で焦点を結ぶため、ピントがうまく合わずにぼやけて見えてしまいます。

レンズを装着して就寝すると、睡眠中に角膜の形が特殊なカーブを持つレンズによって矯正され、ピントが網膜上に移ります。
角膜は一定の形になると、その形をしばらく保つ性質があるため、日中の裸眼視力が向上します。

オルソケラトジーの効果

一般的には一週間くらいで十分な視力が得られます。持続時間は、8時間~36時間です。装着期間が長くなれば持続力も長くなります。ただし、これらの効果には個人差があります。

オルソケラトジーの長所

  • 日中は裸眼で生活できます。
  • スポーツをする方や、コンタクトレンズ、眼鏡装着がむかない仕事も安全にできます。
  • レーシック手術(近視手術)を受けることには抵抗がある方でも、オルソケラトロジーならレンズの装着をやめれば角膜を元の状態に戻すことができ、治療方法を変更することが出来ます。
  • 近視の進行を抑制する効果があります。

オルソケラトジーの短所

  • 強度の近視や乱視の場合は矯正できない場合があります。
  • 昼用ハードコンタクトレンズと同じ合併症のリスクがあります。
  • 視力が安定するまでは見えにくいことがあります。
  • 夜間に光が周りに散って見える現象が起きる場合があります。

オルソケラトジーの安全性

オルソケラトロジーレンズを装用したまま寝ると目に悪いと思われる方が多いですが、昼用のコンタクトレンズに比べて、夜間の装着なのでホコリやゴミが入ったり、レンズを紛失する危険性が低く、装着時間も圧倒的に短いことからトラブルも少ないです。また、オルソケラトロジーで使用されるほとんどのレンズは厚生労働省によって承認されたもので、就寝時の使用を前提としているため高酸素透過性のレンズ素材で作られています。

オルソケラトジーレンズの寿命

レンズの寿命は一般的な高酸素透過性ハードコンタクトレンズと同じくらいです。2~3年で交換が必要な場合が多いです。定期的にレンズの状態を医師やスタッフに確認してもらいながら、適切に使用するようにしてください。

オルソケラトジーレンズの扱い方

多少の注意事項はありますが、基本的には通常のハードコンタクトレンズの取り扱い方と同じです。しかし、特殊レンズなので専用のケア用品を使用してください。医師やスタッフの指示に従って、適切な方法でレンズのケアをしてください。

オルソケラトジーレンズの装用頻度

毎日レンズを装用しなければならない方もいれば、2~3日に一回の装用だけでよい方もいます。近視の強さや必要とする視力、年齢などによって装用頻度は異なってきます。

オルソケラトジーレンズ装用を中止した場合

個人差はありますが、一か月程度で角膜の状態が元通りになります。その後、ほかの矯正方法へ変更することができます。

ページ上部に戻る