トップページ > 角膜疾患の診断・治療

角膜疾患の診断・治療

角膜疾患について

角膜は眼球の最も前面にある透明な組織で、黒目とも呼ばれています。角膜の病気でその透明性が失われたり、形が変化したりすることで、視力障害が発生することがありますので、早期に診断し治療を行う必要があります。

下記のような角膜疾患があります。

  • ドライアイ(乾性角結膜炎)
  • 細菌性角膜炎
  • 真菌性角膜炎
  • 角膜ヘルペス
  • アカントアメーバ角膜炎
  • 円錐角膜
  • 角膜ジストロフィー
  • 角膜デルモイド

角膜疾患の治療について

院長は角膜疾患の研究で最先端をいく東京歯科大学市川総合病院で多くの角膜疾患の臨床に携わり、その豊富な経験を活かした治療を実施いたします。

また、ドライアイに関しては、涙点プラグの挿入や血清点眼などの治療方法もあります。
ドライアイのページへ

角膜移植について

当院では十分な検査によって、角膜手術が必要と判断された患者様につきましては、信頼のおける適切な医療機関へ紹介しています。

まずはご来院いただき、ご相談ください。

ページ上部に戻る