トップページ > 眼瞼下垂の手術

眼瞼下垂の手術

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、上まぶたが充分に持ち上げられず、目が大きく開かない状態のことです。黒目の部分が上まぶたに隠れるので、視界が狭くなります。

眼瞼下垂の原因や症状は様々で、新生児から高齢者まで発症することがあります。『先天性の眼瞼下垂』は、生まれつき目が開きにくい状態で、左右差がある場合が多いです。まぶたを開けたり閉じたりするための筋肉(眼瞼挙筋・がんけんきょきん)の発育が不充分であったり、眼瞼挙筋をコントロールする神経の異常が原因とされています。
『後天性の眼瞼下垂』は、その大多数が「腱膜(けんまく)性眼瞼下垂」です。これは、まぶたの内部にある細長い芯の部分である瞼板(けんばん)と眼瞼挙筋の接合部分が伸びたり、ゆるんだりして、瞼板が正常に持ち上がらず、まぶたが開きづらくなっている状態です。また、眼瞼挙筋などに直接異常が生じるものとは異なり、顔面神経麻痺やまぶたのけいれん、眼瞼皮膚弛緩症(まぶたの皮膚のたるみ)が原因で発症することもあります。
眼瞼下垂で多い症例は、「加齢性眼瞼下垂」です。加齢により、「腱膜性眼瞼下垂」と「眼瞼皮膚弛緩症」の両方を併発していることが大多数です。

眼瞼下垂の治療

先天性眼瞼下垂では手術が主体です。重症の下垂では視力の発達が阻害されることもあり、早期の手術が必要な場合もあります。後天性眼瞼下垂は、症状の程度により手術するかどうか決定します。眼科手術後や脳梗塞後に起きたものは、自然に回復することも多いので数か月様子をみます。
手術は、伸びたりゆるんでいる筋肉を短縮して瞼板に固定する方法や、眉毛を上げる筋肉とまぶたをつなぎ、眉毛を持ち上げることでまぶたが開くようにしたりする方法などがあります。加齢性眼瞼下垂に多いまぶたの皮膚のたるみには、たるんだ部分の皮膚を取り除く眉下切開などの方法があります。

よくある質問

どのような症状ですか?

見えづらい、目が疲れる

視野が狭くなっているため見づらく、また目を開こうとして眼瞼挙筋に力を入れ続けます。
このため筋肉疲労が起こり、目の疲れとして感じられることが多いようです。

肩こりや頭痛

眼瞼挙筋とともにまぶたを開けるミュラー筋という筋肉も働き続けます。この筋肉は交感神経の刺激により縮むので、交感神経の緊張状態が続き、首や肩の筋肉も緊張させ凝りの原因となります。また脳も興奮させるので、頭痛や、ひどい場合には自律神経失調症を発症することもあります。

眠そうにみえる、老けてみえる

まぶたが瞳に覆いかぶさっているため、眠そうにみえる・目つきが悪いといった印象を与えがちです。また、額の筋肉でまぶたの開きを補おうとするため、額のしわが深くなってしまい老けてみえてしまいます。

麦粒腫(ものもらい・めばちこ)の切開(保険適用)

麦粒腫は、いわゆるものもらいやめばちこと呼ばれる疾患です。まぶたにあるマイボーム腺(まつ毛の根もとにある脂腺)などに感染がおこることが原因です。まず、抗生剤の点眼などをおこないますが、切開することもあります。

眼瞼下垂の原因は?

後天性の眼瞼下垂に多い「腱膜性眼瞼下垂」の原因は、挙筋腱膜が薄くなる・断裂する、瞼板との付着部分が離れるなどが考えられます。これは、加齢によるものやコンタクトレンズ(特にハードコンタクト)の使用、花粉症やアトピー性皮膚炎などで目をこすることにより生じるとされています。
上述の「腱膜性眼瞼下垂」のほか、けがによる「外傷性眼瞼下垂」、神経の命令がまぶたの筋肉に伝わりにくくなる「重症筋無力症」、目を動かす筋肉に炎症が発生する甲状腺眼症(バセドウ病眼症)、まぶたに腫瘍ができ、その重みで下垂する眼瞼腫瘍などがあります。

当院では、保険適用で日帰りの手術を行っています。気になる症状があればご相談ください。

ページ上部に戻る