トップページ > 外眼部の手術

外眼部の手術

当院では、下記のような外眼部(眼球の外側、上まぶたやまつげなど)の手術もおこなっています。

手術についての詳細や必要な検査につきましては、お気軽にお電話にてお問い合わせください。

まぶたの手術

眼瞼下垂の手術(保険適用)
眼瞼下垂とは、先天的理由や、後天的理由(加齢・コンタクトレンズなど)で、上まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなる病気です。見える範囲や視え方に影響を及ぼし、肩こり、頭痛の原因になることもあり、場合によっては手術が必要なこともあります。

※詳しくは→眼瞼下垂の手術のページへ

内反症の手術(保険適用)
下眼瞼(下まぶた)にある瞼皮を引っ張る範囲が断裂し、眼輪筋が相対的に強まるため、眼瞼(まぶた)が内向きになって、睫毛(まつげ)が角膜にあたり、痛みや、めやにを伴います。角膜が白く濁ってしまうこともあります。当院では、ホッヅ変法といって瞼を外に向ける手術をおこないます。

ドライアイの手術-涙点閉鎖術(保険適用)

重度のドライアイの場合、涙点を焼灼して閉鎖します。この手術によって半永久的に涙点を閉鎖することができ、目の表面に涙をためておくことができます。

参考→ドライアイのページへ

翼状片の手術(保険適用)

翼状片の多くは、鼻側の結膜が赤みを帯びた翼のように血管を伴って入ってくる病気です。大きくなると翼状に目隠しされているようになり、視力低下の原因になります。強い乱視が出ることもあります。手術は、渡変部を切除し、再発防止のための処置をします。

麦粒腫(ものもらい・めばちこ)の切開(保険適用)

麦粒腫は、いわゆるものもらいやめばちこと呼ばれる疾患です。まぶたにあるマイボーム腺(まつ毛の根もとにある脂腺)などに感染がおこることが原因です。まず、抗生剤の点眼などをおこないますが、切開することもあります。

霰粒腫の手術(保険適用)

まぶたにある目に脂を分泌する瞼板腺がつまり、慢性的に炎症が起こり、肉芽腫という塊ができる病気です。麦粒腫(ものもらい)に症状が似ていますが、別の病気です。塊が小さい場合は、放置しても問題ありませんが、大きい場合は、注射や切開をして、たまった内容物を取り除く治療をおこなうこともあります。

ページ上部に戻る