トップページ > アレルギー性結膜炎(花粉症など)の治療

アレルギー性結膜炎(花粉症など)の治療

結膜は直接外界と接していますので、外からの刺激やアレルギーを引き起こす物質に直接さらされやすい部位です。アレルギー性結膜炎の原因としては、季節性の花粉の他、ダニやカビなどのハウスダストが多く見受けられます。また、最近では、コンタクトレンズが原因のアレルギー性結膜炎も多くなってきています。

アレルギー性結膜炎は、下記の症状を引き起こします。

  • 目やまぶた、まぶたの縁がかゆい
  • 白目が赤くなる
  • 目やにが多くなる
  • 瞼(まぶた)が腫れる

一定の時期に決まってかゆくなる方は、かゆくなる前の受診をお勧めします。

治療方法

目薬は主に抗アレルギー薬を使用します。花粉によるアレルギー性結膜炎の場合は、花粉が飛散する2週間前くらいから点眼し始めると効果的です。

症状が強い場合は、ステロイド点眼薬を使用する場合があります。ただし、ステロイド点眼薬は眼圧を上昇させるなどの副作用が出やすいので、眼科専門医の指導のもとでの使用が必要です。

ハウスダストやコンタクトレンズによるアレルギー性結膜炎については、生活改善、コンタクトレンズの取り扱い方法や種類の変更などのアドバイスもいたします。

結膜炎の種類によっては、自己判断で中途半端に治療したり、治療を中断すると、すぐに悪化したり、なかなか完治しないものがありますので、是非当院にて、ご相談ください。

ページ上部に戻る